*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
 
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:  
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

日時: 2012/11/25 場所: グランシップ(芸術祭)
演奏曲: JESUM、信じる 作者: シッペ

ついに芸術祭!

出番は一番最初なので、印象付けられれば入賞!と意気込みましたけど・・・
入賞は逃しました。。。

でも、これまでの練習の中では一番良い出来だと思いました。

下村先生からは声が若く、リズムも取れていたよ。と褒めていただきました。

審査員の先生からも若々しいという講評のほかに、何を表現したいかわからない。との叱咤もあり今後の糧にしていきます。

今年はイベントが多く、大変な年でしたがこの芸術祭で一区切り付きました。
来週の練習はお休みです。
ゆっくりお休みください。


日時: 2012/11/24 場所: 東海短大
演奏曲: JESUM、信じる 作者: シッペ

明日はいよいよ芸術祭!

下村先生から最後にもう一度パートの音を確認したい。ということで確認。
おおよそOK!(笑)
ここまで来て”おおよそ”というのはまだ伸びしろがあるという事。
明日に期待したい。

先生からの提案で一度だけソロパートをソロで歌ってみました。
本来はソロになるところをそのまま歌ってますので音量が大きくなっていることを暗に指摘していただき全員の気持ちを一つにしていただきました。
下村先生、ありがとうございます。

そして、もう一つ!
新たな団員が誕生!見学に来ていただきましたが、入団の意向でしたので忘年会&歓迎会にそのまま出席していただきます(^^)

とにかく、明日は入賞目指してがんばりましょう!


日時: 2012/11/17 場所: アイセル
演奏曲: JESUM、信じる 作者: シッペ

先日の琴静流の演奏会から気持ちを入れ替えて、芸術祭に向けて気持ちを集中した練習です(^^)

久しぶりのアイセル小音楽室でまず「JESUM」。
強弱やアクセントの持って行き方などをキッチリとおさらい。
いい感じで出来上がって来たけど、もう一歩気持ちを追い込むともっといいものになりそう。

「信じる」はJESUM同様強弱含めてピッチの確認。
個人的には一か所だけ間違って音取りしていた部分があり注意しながら歌ってました。(トップと同じように歌ってしまうので・・・(反省;))

今回の練習ではだいぶ暗譜が板についてきたように思えます。
ただ歌うだけではなく、楽譜に書き込んだ内容もきっちりと歌えるよう、すでに暗譜で歌っている方にももう一度再確認してもらって歌い上げ、入賞を目指したいと思います。


日時: 2012/11/11 場所: 静岡文化会館
演奏曲: みかんの花咲く丘、富士山、ソウラン節 作者: シッペ

今日は琴静流賛助出演。
昨日の今日でどれだけ歌えるようになるのか不安がいっぱいですけど、リハーサルの中である程度解消されました(^^)

そして、本番。
いつもと違い、オープニングはアコーディオンで、そして大正琴で歌い、最後はアカペラ。

単独ステージはよくよく見たら反響板もないので、いつもよりも湾曲した感じでトップとベースが向かい合う感じ。これが功を奏してトップとベースがお互いによく聞こえ、それに内声が応え、曲の最後はフォルテで気持ちよく歌い、お客様の温かい拍手で終了。

最近の中では会心のステージに終わったと思います。
この気持ちを残して芸術祭に向けたいと思います。


日時: 2012/11/10 場所: 東海短大
演奏曲: JESUM、信じるほか愛唱曲 作者: シッペ

明日は琴静流賛助出演。
明日のために最終確認。しかし!なぜ?というほど声もリズムもバラバラです(-_-;)
大丈夫かな?という危惧は2〜3回歌えば何とかなるものですけど、この日ばかりは・・・なかなか解消できず、本当に不安。
明日は大丈夫か?と心配は尽きませんでした。

でも、前半は大河内先生のピアノとの初合わせ。
今回の芸術祭はコンクール形式なので持ち時間8分の中で2曲歌います。
信じるは5分以内、Jesumは2分30秒前後にしていく必要があり、いつものように自由にのびのびではなく、決められた時間の中で伸び伸び歌うことが要求されます。
この曲のテンポを合わせるのが、今日の大きなテーマでした。

でもそんな危惧は必要ありませんでした。大河内先生はこれくらいのテンポでどう?とピアノで語ってくれたように思います。そしてそれに応える我々。

芸術祭では入賞を目指します!


日時: 2012/11/3 場所: 東海短大
演奏曲: JESUM、信じるほか愛唱曲 作者: シッペ

東海短大のりんどう祭。

平均年齢68歳の我が団から見れば孫の代に情熱が届くかな?と思ったけれど・・・届きました。
愛されるおじいちゃんを目指して心を込めて歌いましたよ(^^)

声出しの時に真栄田さんからの熱い指導をしてくれたおかげかもしれません。
声出しでドッと疲れました。。。だから力が抜けていい感じで歌えました(^^)v

次は来週の琴静流のコンサート。
本番が続きますが頑張りましょう!

東海短大の学生の皆さん!ありがとうございました。

 




 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor