*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
 
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:  
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

日時: 2012/9/29 場所: 東海短大
演奏曲: JESUM、信じる、落葉松ほか 作者: シッペ

少しずつ形になってきたように思えますが、まだまだ縦の線が揃いません。
リズムが・・・ピッチが・・・あれっ、出来てないじゃん(笑)

いやいや、所々まだ出来ていないところがあるという事です。(^^;)
大枠はできました。大雑把ですが・・・、ここから細かいところを直していきます。
注意深く歌うことで歌が完成します。

縦の線揃えよう!
まずはパート内でリズムとピッチを揃えましょう。
次は隣のパートです。
そしたら全体が揃ってきます。

・・・とここまできたところで はたと気が付くと時間が。。。(^^;)
本来5分以内で終わらせたいのに5分20秒の「信じる」これを4分50秒を目標に歌い上げることが大事です。Jesumは2分40秒 合計で8分以内を目指します。

ただ歌えばいいってもんじゃないんですね。
時間内に歌うこと。でも同じように表現していくこと。次の課題が見えてきました。


日時: 2012/9/22 場所: 西部生涯学習センター
演奏曲: JESUM、信じる、落葉松ほか 作者: シッペ

昨日、軽く通しただけの「落葉松」から練習開始。
昨日の「Jesum」「信じる」と同様細かく縦の線を合わせたり、レガートの指示が飛んだり、強弱記号の確認されたりと課題は盛りだくさんです。
はじめのハミング部分に時間がとられました。ハミングはごまかそうと思えばごまかせてしまう部分。でもごまかさず、きっちりと歌えばとても気持ちよく曲が響きます。
これを念頭に置いて歌いたいものです。

「Jesum」「信じる」も同様。
まだまだやるべきことはたくさんあります。
練習した時のことを忘れずに次のステップに進みましょう!

それにしても、通常の練習の2倍の時間をかけた練習は疲れました。(^^;)


日時: 2012/9/22 場所: アイセル
演奏曲: JESUM、信じる、落葉松 作者: シッペ

明日、強化練習があるので優しく終わるのかな?と思ったのですが、ところがどっこい!
JESUMと信じるの集中練習になりました。

それぞれのパートで音を合わせる、ラテン語を母音で歌うことで音をつなげる、雰囲気をつかむ。という事に費やされました。
他のパートの話だからいいや!という思いはかき消され、自分のパートでも同じことを指摘されます。
・・・という事は、他のパートの話を聞いてないという事。
コレじゃいけません!他のパートで指摘されたことを、自分のパートに当てはめ、じゃ、歌ってみましょうか?と言われて同じことを言われず、さらに上レベルの要求が出てくることを望みます。

緊張感が漂う練習はここのところずっと続いていますが、この緊張を切らさないように、明日の強化練習につなげます!


日時: 2012/9/15 場所: 東海短大
演奏曲: JESUM、落葉松、信じる 作者: シッペ

ピアニスト、ソロが入る練習日。
その前にJesumの練習。
先週強弱のことを注意されましたが、今回はリズム。
途中リズムが変わるように感じていたけれど、最後の方では慌てることなく歌うことが出来ました。
不安だった後半部も何とかこなせるようになりました。

ただ、ここをソロで歌うように楽譜にあり、全員で歌うよりもソロの方が後半の盛り上がりがさらにダイナミックになること間違いない。練習後先生とお話しすると下村先生もちょっと悩んでいるようでした。

落葉松はソリストの声とコーラスがうまくかみ合うようになってきましたが、まだ縦の線が揃いません。
ピアノでうまくごまかすことなく歌ってみたいです。

信じるはだいぶ曲に慣れてきました。
ただバリトンが先行する所でどうしても気持ち悪い所があり、これはどこの合唱団でも同じ。
この気持ち悪さに慣れないといけません(苦笑)
それを除けば、だいぶいい感じになってきました。

もう少し、もう少し上を狙いましょう!


日時: 2012/9/8 場所: アイセル
演奏曲: JESUM、落葉松、信じる 作者: シッペ

本日は、小林先生の指導。
いつもよりちょっと入念に発声練習をしてスタート。心なしか呼吸法に重点が置かれていたような気がする。。。

Jesumの強弱をつけること、ただ強弱ではなくアクセントを大事にして強弱にすることを細かく注意されて実施。大事なことはその場でクリアして行けるように、どうしたらうまくいくのかをいろいろ試しながら歌ってみました。
いつもは後半部分が不安になるけれど、今回は不安感もなくきっちりと歌えたと・・・思います。

落葉松は、ソリストがいないので歌いやすいと言えば歌いやすい(苦笑;)
ソリストが入ると、どうしてもソリストに聴き入ってしまうのでそこを注意しなければいけないのが個人的な課題です。

信じるは注意するところを重点的にやりおしまい。

前々回から18:30からのスタートになりましたが、2時間半は疲れます。
終わった後のビールは最高です!


日時: 2012/9/1 場所: 東海短大
演奏曲: JESUM、落葉松、信じる 作者: シッペ

本日もピアニストとソリストが加わっての練習。

前回と違い、ホールで練習だったのでソリストの声に負けることなく歌えたと思います。
それに加え、ソリストの歌と自分のパートの関わり方が良くわかってきたので歌いやすくもあり良かったかな?と・・・

ピアノとの合わせもバリトンソロで歌うところの入りが今一つつかめなかったのが、分かって来たけれど個人的には若干走ってしまうところもあるのでこれは自分の中で解消しなければいけないという事故課題が出来ました。

3曲歌った後で、コールファイブで歌う残りの 希望の島やそうらん節、空とぶうさぎを歌ったところ、歌えるつもりでいたのが所々「???」なところも出てきてました。
慣れればいいんだろうけど、突然「歌うよ!」と言われて「はい!」と歌えるようにしておきたいですね。

希望の島は2回歌ったけれど、1回目はまったくハモりませんでした。
前々回ソットヴォーチェで!と指摘されていたのを忘れてしまったようです。2回目はうまくハモりました。最初からうまくいけばもっともっとレベルの高い演奏が実現できると思います。

・・・という事は、まだまだ伸びしろがあるってことですな!(笑)




 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor