*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
 
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:  
2012年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

日時: 2012/8/25 場所: 東海短大
演奏曲: JESUM、落葉松、信じる 作者: シッペ

本日はピアニストとソリストが加わっての練習。

ピアニストの稲田先生は前回音取りでお世話になっていたのでいつも通り(?)に練習に加わっていただきましたが、ソリストの望月さんとは初めてのコラボなのでどんな風になるのかドキドキでした。

まずは落葉松。
男声合唱のソロといえば男性だけど、今回は女性です。
どんな風になるのか?
最初は望月さんが我々の方を向いて歌っていただきましたが、声量がハンパないので自分たちの声も聞こえないくらいで歌いにくい、というよりは歌えない。。。(苦笑;)

望月さん一人で我々20人以上の男性の声に勝ってしまいます。流石です。
2回目は立ち位置を変えて我々と同じ方向を向いて歌っていただきました。
先ほどよりは歌いやすいけれど、(普段の練習で音を取っていたつもりが)これだけの声量の前では音を見失ってしまうことに気づきます。慣れも大事ですけど、もう一度しっかり音を確認しなければなりません。

次は「信じる」
下村先生からの指示は歌いすぎない、ねちっこくしない。じゃ、歌ってみましょう!となって歌うと「あっさりしすぎ・・・」
ちょうどいい感じがまだまだつかめません。
こちらももう一度音を確認することを思い知らされた気分でした。

次の練習では、ソロに負けない曲。歌いすぎない曲にしていきたいと思います。


日時: 2012/8/18 場所: アイセル
演奏曲: 希望の島、ソウラン節、JESUM、信じる 作者: シッペ

今回のテーマはsotto voce(ソット‐ボーチェ )で歌うこと。
響きが残るのでハーモニーがきれいになります。
これまで力任せ?に大きな声やノドで作ってきた音を穏やかに聴かせることが出来ます。

少し練習するだけでかなり高いレベルでハーモニーが出来たように思えます。
希望の島はコレでなければなりませんね!

そしてJesum細かい指示が出て子音の出し方で「ジェ」と発音しているものが「ゲ」と聞こえてしまうことを確認し修正。でもこれがうまくできない。。。何度も修正を繰り返してようやくできました。
イントネーションもここに向かって音を出すように・・・とこういうことを一つずつ行うことで完成度が高くなります。

大半がJesumで費やしてしまいました。
でも有意義な時間が過ごせたと思います。
sotto voce(ソット‐ボーチェ )で歌うこと。これを意識すればもっといいハーモニーができることを確信した1日でした!


日時: 2012/8/11 場所: アイセル
演奏曲: JESUM、信じる、落葉松 作者: シッペ

先週に続き少数精鋭の練習!(笑)
まず、JESUM。前半部分のハモりは少しずつ出来てきた感じがします。
残るは後半部分。
何度かに一度は最後の拍が合うけど、大半は拍が合わないことが多々あります。(滝汗;)
だから他のパートと合わせるなんてことになるととんでもないことになります。。。
事前の予習もしていますが、曲の難しさを感じ始めました。

次に信じる。
それぞれの箇所で音の確認とリズムの確認を行いました。
所々、音とリズムに甘いところがあるためこれを修正。
次回もこれを続けていけば本番に間に合うことでしょう。

最後に落葉松。
残りは5分ほどになってしまったので、一度通しで歌うだけにとどまりました。
不覚にも最後の部分でミスってしまいました。
他の2曲に時間を費やすことが多かったけど、油断は禁物ですな!


日時: 2012/8/4 場所: 東海短大
演奏曲: JESUM、信じる 作者: シッペ

8月は他団体に参加している団員がいるために半分くらいがお休み。
少数精鋭でがんばる8月です!。

この8月できっちりと音取りをして9月から本格的に曲想を付けて行こう!とい計画の元まずはJESUM
前半はキレイにハモるものの、中盤から各パートの音取りとリズムがうまくつかめず可笑しな雰囲気が漂います。。。
でも、下村先生の粘り強い指導で少しずついい感じがつかめてきました。
次回の練習でもきっちりと歌えるように予習が大事。

そして「信じる」
個人的には後半部分の音取りに不安な部分が出てしまい、その後のリズムの取り方も怪しく予習が足りない感じをひしひしと受けました。
せっかくセカンドTからバリトンに助っ人で加わったんだから気持ちよく歌わないとそんな気分になっちゃいます(^^;)
次回の練習でもきっちりと歌えるように予習が大事!




 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor