*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
 
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:  
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

日時: 2012/7/28 場所: 東海短大
演奏曲: 落葉松、信じる 作者: シッペ

いつもの年なら「関東おとうさん大会」に参加している日なのですが、訳あって、今年は不参加。
その分は来年静岡主催のおとうさん大会できっちりと歌い、運営をお手伝いしたいと思います。

さてさて、今日の練習は落葉松と信じるを集中的に練習。
落葉松は歌いやすさもあってかもう少し!まででき上がってきたように思えます。

信じるはまだまだ音取りが十分でないこと、リズムに乗れないことなどなどやるべきことがたくさんあります。個々に予習して音取りではなく、音合わせの時間を中心にしたいところです。


日時: 2012/7/21 場所: アイセル
演奏曲: 落葉松、信じる、JESUM 作者: シッペ

本日は真栄田さんの指導。
普段先生たちからのアプローチを別の言い方でわかりやすく指導していただきました。

パート間のメロディーの引き継ぎや音の入り方などなどもう一度見直しをしていきました。
先生からの指摘も普段から気を付けることで当たり前にできることなので、同じように注意していくことでさらに飛躍できると思います。

最後はJESUMのラテン語の読み方。
音符の場所が母音の場所であること。
これをするだけでラテン語に聞こえるなら、徹底的にやりましょう!


日時: 2012/7/14 場所: マリナート
演奏曲: JESUM 作者: シッペ

今日は清水みなと祭りのリハーサルでマリナートに昼間から集合。
リハーサルを終え、次の出番まで時間があるので練習を開始!
でも、他の団体も同じリハーサル室にいるので 「JESUM」のラテン語の発音を確かめることを中心に練習。

母音を拍の所に持ってくるように、だから子音は拍の前です。などなどラテン語について学びました。

その後少し時間があったので音取りもしました。
前半部分は雰囲気が出て音取り直後で素晴らしい!と思ったけれど、その後音が動くようになると「あらら?」な状態でしたけど、慣れとド根性で早めに出来上がるんじゃないかと思います。

その後のリハーサルバッチリでした。

※翌日の港まつりのステージはこれまでの練習の中で最高のパフォーマンスを出せたんじゃないかと思います。お客様にも喜んでいただけました。運営担当者が感極まって泣いてしまったのも印象深いステージでした。


日時: 2012/7/7 場所: 東海短大
演奏曲: 落葉松、信じる 作者: シッペ

「信じる」の音取りが出来ていない状態なのにピアニストの稲田先生がご好意で練習に参加してくださいました。
前半落葉松をアカペラで歌ってみたら・・・ピアノがつけば何とか歌えているのにアカペラになると音が取れてない。。。ピンチ!
稲田先生のピアノでなんとかできたのかなぁ〜?
もう一度きっちり音の確認が必要。

「信じる」は先週半分くらいまで音取りをしたけどバタバタの状態だったので大丈夫かな?と思いつつも稲田先生のアシストのおかげで最後までなんとなく音取りができました。

落葉松を含めて、音取りができた後にピアニストに入っていただくことが多かったのですが、はじめに入っていただくと、ピアノがどんな風に入ってくるのかがよくわかりリズムや音が分かりやすくなっていくような気がします。
稲田先生にご負担をかけましたが、倍にして返せるようにみんあで力を合わせて一生懸命音取りしましょう!



 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor