*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
 
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:  
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

日時: 2012/4/28 場所: アイセル
演奏曲: 家路、港かっぽれ 作者: シッペ

家路を細かく直しが入りました。
以前から指摘された縦の線を合わせることに小林先生も汗をかいていました。
でも、その甲斐あってベースがテンポよくリズムに乗ることができました。ホッ!

最初と最後は良くなったけど、真ん中の部分が今一つ・・・との先生の言葉を胸に次の練習に臨むのでした!

港かっぽれは先週半分音取りをしたので後半部分の音取りをしました。
音はさほど気になる音がない分、リズムが早いので口が回らない(苦笑;)
普段、先生から「ほっぺたを柔らかくしましょう!」って言われて口をいろんな形にしながら柔らかくしてますが、リズムよく歌詞を乗せていくためには必要なことだと実感してます。

来週はGWのためお休み。
今日の練習成果を引き継げるようにがんばりましょう!


日時: 2012/4/21 場所: 東海短大
演奏曲: 家路、港かっぽれ 作者: シッペ

前半、港かっぽれの音取り。
音自体は単純だけれどウチの団が苦手な8分音符が連続しています。
そして簡単だけれど英語!(苦笑)
一度歌ってしまえば平気だけれどやっぱり英語は英語なのかなぁ〜?
これからラテン語も出てきますから少しずつ慣れていきましょうね(^^)

後半は家路。事細かに指示されました。
リズム、音、入り方などなど、まだ縦の線がそろいません。
意識は少しずつ向いているのであと1ヶ月でどこまで上達できるのか?ここは踏ん張りどころです。

[今日のまとめ]
港かっぽれ:もっと音楽に乗ってリズムを合わせましょう!
家路:パートソロは自分がソリストになった気持ちでもっと歌いましょう!


日時: 2012/4/14 場所: 東海短大
演奏曲: 家路、羽衣の舞、そうらん節 作者: シッペ

今日から新体制で練習が始まりました。
これまでの練習方法を継承しつつ、新たな提案をして実施もしくは来週から実施することになりました。
1つはヴォイストレーニングを個人からパート全体に変更。
個人の声も出るようになってきたので、パートごとの音を揃えることが目的です。
さっそく、来週から実施します。

もう一つは練習最後に「本日の練習のまとめ」を行います。
これまでは練習してさっ!と帰りましたが、練習のまとめを発表することで次回の練習につなげるもの。そしてパート内で簡単なミーティングをしてうまく音が取れないことやリズムの確認などします。練習中にパートごとの練習はしますが、パート内での意思疎通ができていなかったものを解消できると思います。
この成果がいつ頃でてくるのか?
楽しみです。

[今日のまとめ]
家路:声を揃える。次に出す声を用意しておく。
そうらん節:縦の線を揃える。



日時: 2012/4/7 場所: アイセル&花見会場
演奏曲: - 作者: シッペ

今日は1年に1度の『総会』
昨年1年を振り返ります。ずっと前に歌っていたと思いこんでいた五匹の蛙を去年の合唱のつどいで歌ていたとは意外や意外!といった発見もありいつも以上に発見がありました。
それだけ変化が大きいってことですね(^^)
※のんびりしているようで実は走りまくっている感じがします。

無事総会を終え、花見会場へ

いつもの場所でいつものように飲んで飲んで歌いまくり、隣にいた花見客団体にも好評でした。
寒さはありましたけど、風もなく桜のライトアップもキレイでした。








 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor