*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
 
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:  
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日時: 2011/9/25 場所: 静岡音楽館AOI
演奏曲: ロシア民謡ほか 作者: シッペ

コール・ブーケ賛助出演の日です。
コール・ブーケの皆さんおめでとうございます!

最初にアンコール曲のゲネプロの後、本番曲の確認。
全体的にはいい感じかもしれないけれど、個人的にはすごく眠くて声帯が起きてこない・・・ピンチ。
体操すれば少しは目が覚めると思い、体をほぐし始めるけど、まだ眠い。

う〜ん、どうしよう・・・と思いながら昼食をとると本番の時間が近付き、気が付けば目が覚めてました(笑)。
そして本番。
ここで少しだけいつもと違うことが起こってしまいピンチ!
それは、ロシア民謡は数曲を一気に歌い上げてしまう構成にしたのに、お客様は一曲づつ拍手をしてくれます。
嬉しくて、ありがたい!だけど、次の音は?あれ?これは拍手されてる間に次の音を覚えておかなければならない!こんなことって今まで経験のないことです。
終わってみれば・・・残響が素晴らしいAOIですから会場に助けられたところがあるものの、個人的にはもっと歌い上げなければなりませんでした。

次は12/3の合唱コンクールです。


日時: 2011/9/24 場所: 東海短大
演奏曲: ロシア民謡ほか 作者: シッペ

明日、コール・ブーケ賛助出演ということもあり、曲の最終確認。

例えば・・・
付点と付点のないところの違いや曲と曲の間の音の確認などなど。
でも、譜面を持っての舞台なのでとにかく譜面にメモメモ。。。

明日の事もあるので、一度確認。二度目はざっと流して終了。
いつもより、早めの切り上げのつもりが終わってみればいつもと変わらずの終了時間。
明日の舞台が楽しみです。


日時: 2011/9/10 場所: しずぎんホール・ユーフォニア
演奏曲: しずおかこころのうた 作者: シッペ

静岡室内歌劇場チャリテイーコンサート本番です!
そして、長いこと歌ってますが「しずぎんホール・ユーフォニア」は初めてのホール。

どんなホールなのかワクワクです。
おとうさん大会では毎回違うホールですが、市内で歌ってないホールも珍しいことかも・・・
それゆえ、集合場所がいつもとちょっと違い、団長が直々に案内してくれました。
本来なら年少者のワシがしなければならないところです。(申し訳ありません。。。)

さてさて、音だしをしてゲネプロです。
今まで歌ったホールの中では残響が少ないホールと言った感じです。
でも、客席で聴くとすごくよく聞こえるし、音が通るちょっと不思議な(?)ホールでした。
ゲネプロを無事終了し本番を待ちます。

控室では相変わらずリラックスモード。
本番の時の集中力が楽しみです。

そして本番。
歌いだしはバッチリ。

今回はいつもの暗譜と違い譜を持ちました。
暗譜で歌えなくもないけど、譜を持つと歌詞の心配がないだけでなく、楽譜に書いたメモを見ながら歌えるので、気を付ける箇所が分かりやすく歌いやすい。
この安心感は素晴らしい(笑)

今日のコンサートはオペラの中の賛助出演だったので日本語で歌う”しずおかこころのうた”はお客様にもよく届いたようです。

終わった後の有志による打ち上げは大いに盛り上がりました。


日時: 2011/9/3 場所: 東海短大
演奏曲: しずおかこころのうた 作者: シッペ

来週の静岡室内歌劇場 チャリティー コ ンサートに出演するための最後の練習でした。
練習前に静岡室内歌劇場の皆さんが練習している所を拝見させていただく機会があり、素晴らしい歌声でした。
個々では及ばない歌声もコーラスになれば少しぐらいは追いつくかな?
最後のチェックはいつも注意されるところの再確認。
細かいニュアンスや指揮の合図を確認して練習終了。

来週の演奏が楽しみです。



 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor