*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:  
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


日時:

2010/1/30

場所: アイセル
演奏曲:

作者: シッぺ

雨全曲を通して歌いました。
一曲づつ直しが入りながら・・・

全体を通して共通している注意事項は2つ

・言葉をつなげること、言葉を大事にすること

・急がないこと

これができるようでなかなかできないものです。
言葉は歌詞の意味をよく理解しているのか?が一番大事かなぁ〜?
そしてリズムを大事に・・・少し不得手になると急いでしまう悪い癖は早く、いまのうちになくしましょう!

気がつけば、2時間半。わずかの休憩のみ。
今日の練習も疲れました。。。


日時:

2010/1/23

場所: アイセル
演奏曲:

静岡県こころのうた1・2

作者: シッぺ

静岡県こころの歌1と2を最初からさらいました。
小林先生の練習も6時半から始められるようになり、正しい姿勢の取り方から発声練習にすすみ、ピアノを入れていっきに練習。

気が付けばすでに8時を回り始めてます。

いつもなら中だるみが出そうな時間でしたけど、集中力が続きます。
小林先生の練習の速さにただただついて行くばかり・・・

ようやく休憩が入ったのはそれからわずかの時間が経ったばかり。
そこから”5分の休憩”!

最後の方は直しを入れる時間もなく過ぎ去ってしまい、次は後ろの方からさらっていくようです。

今日は久しぶりに(?)セカンドが鍛えられました。
いろいろな曲のメドレーが入りますがセカンドの音の動きはちょっと大変。
でも、全体の音のバランスを考えるととても大事です。

この勢いに乗って、早め早めの暗譜を目指しましょう!


日時:

2010/1/16

場所: 東海短大
演奏曲:

武蔵野の雨、雨雨

作者: シッぺ

今年最初の練習です。
練習始めに演奏会まで半年と迫ったことから団長からの訓示。

  1. 自習復習をすること
  2. 3月までにすべての曲を暗譜すること
  3. 音が取れない人は先生やパトリに申し出て個人レッスンを受けること
  4. シニアの合唱団として情緒豊かな演奏を心がけること
  5. 今後、練習時には録音機を持って練習に臨むこと。

そして、本日から体調を崩していた宮さんが復帰。
重鎮復帰で心強くなるベースパートと思います。

さてさて、練習が始まりましたが声だしは久しぶりっぽい団員が多く、いまいち調子が出ない。わずか4小節歌ったところで下村先生からストップがかかり、前列と後列に分かれて聴きあうというこれまでにない練習がとられ、みんな一瞬顔が引きつる。なんとか歌い切り・・・でもセカンドは必ず2回は歌ってたような気がする。

 

そして何度も練習しながら音が不安だらけの「雨雨」を集中練習。
集中して練習したおかげで最後の方ではなんとなく聴ける程度には届いたような気が・・・します。
でも、1週間経つと忘れてしまうシニアの集団です。団長からの訓示にあった『自習復習を忘れないように!』を実践して欲しいと思います。



 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor