*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:  
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

日時:

2009/9/26

場所: アイセル
演奏曲:

やさしき波のうねりに、雨の来る前に

作者: シッペ

2週続いた小林先生のあとの下村先生の練習。
先週まで続いた音取りの嵐が過ぎ(苦笑;)、今日は音も取れているし・・・と少し安堵していたのも束の間。
合唱コンクールの2曲の曲想をつけていただきました。
慣れてしまった曲ということで新たに音を取り直すと数か所曖昧な個所があり、それぞれを直していきます。
でもでも・・・何度やってもダメだしが出てしまい、どうしていいか分からない状態のセカンドテナー。(・・・と思っているのはワシだけか?)

いつもダメ出しが出る”雨の来る前”のバリトンのソロパートはきれいにできました。不安のないソロ。流石です!

最後はUbojで締めましたが、こちらもリピートしたところにあるベース系のサビの部分もいつもなら不安がいっぱいなのに堂々としてました。
他のパートがきっちりいく中、もっと頑張らねば!と思うのでした。


日時:

2009/9/19

場所: アイセル
演奏曲:

静岡県こころの歌(2)

作者: シッペ

先週のおさらいをするものだと思ってました。音取りの・・・

しかぁ〜し!小林先生は甘くない。

できたばかりの静岡県こころの歌(2)の音取りを始めました。
まだ、音取りをしていません。誰も?
でもここで音取りをしてしまうのが小林流。
曲の流れをつかませるということだと勝手に解釈しました。

それにしても先週よりもさらにタフです。
ワシたちは時折座りますが小林先生は立ったままです。

かつて教え子である高校生たちを大きな舞台に連れて行った指導が今我々に向けられている幸せをかみしめながら、先生のスピードについて行くのがやっとでした(苦笑)


日時:

2009/9/12

場所: アイセル
演奏曲:

背くらべ、ちゃっきり節
羽衣、みかんきり

作者: シッペ

定着してきた6:30からの練習。
はじめの30分はテナー、ベースに別れて音取りに専念。
そこそこには音取りが出来たけれど、、、今日の練習は全編音取り!?

おっ、このペースだとこの組曲は全部取れちゃうんじゃない?とひそひそ声が聞こえたかは定かじゃないけど小林先生は辛抱強く、そしてタフな音取りの作業を進めてくれました。
おかげさまで、、、通り一遍の音取りは完成。
たぶん、次の時にはたぶんもう1度。となりそう。
でも、このスピードで音取りしていくことで曲の雰囲気が分かるし、何よりも予習しないことには練習についていけない!という雰囲気は漂い始めています。

来年の演奏会に向けての練習だけど、かなりステップアップできそうな予感がします。笑顔を絶やさず、がんばりましょう!


日時:

2009/9/4

場所: アイセル
演奏曲:

やさしき波のうねり、嵐、帰帆の歌、背くらべ

作者: シッペ

先週顔を合わせることが出来なかった皆さんと会えてなぜかホッとした今日の練習

下村先生ともお父さん大会以来の練習。
組曲「海」を”やさしき波のうねり”から順番にあわせていきました。
何度かやってるので曲想がついていきますが、熱が入って45分ほどみっちりと!いつもなら、「じゃ、休憩に・・・。」となりますが、6:30〜の練習だったのでまだ7:15!

じゃ、次の”嵐”がやはり同じくらいの時間をかけて曲想づけ。。。
ずっと立ってますからそろそろ疲れが出てきました。
みんな元気です。平気で(?)立ってます。

この練習が来月6月まで行われます。大丈夫?

いや、やるんです!(笑)
強化練習を入れないためにも、ここは踏ん張って音取りをしなければ!


 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor