*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:  
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

日時:

2009/8/29

場所: アイセル
演奏曲:

やさしき波のうねり、嵐、帰帆の歌、背くらべ

作者: シッペ

個人的には3週間のお休みしたあとの練習。緊張感いっぱいです。
練習に参加する前に個人的に発声練習して、習った歌の復習とまだやったことがない嵐の予習。たっぷり2時間弱かけた甲斐があって練習にはなんとかついていけました。ホッ。

そして対外的には安倍川の花火大会。仕事やお付き合いの関係で欠席される方もいれば安倍川の渋滞で遅れる方もちらほら。でも出席率は高く維持されました。

みんな花火見たくないのかなぁ〜?と思いつつも濃ぉ〜〜〜い練習でした。
小林先生の練習はテンポ良くみんなを引き寄せて、気がつけば1時間以上も歌い(だいたい1時間くらいで10分くらいの休憩が入ります)、今日は休みナシか?それとも休憩ナシで早めに切りあげて最後の花火を見せてくれるのか?いろいろな憶測がめぐらされ、練習しながらパートを飛び越して目配せ(笑)。そして休憩。

その後もバァ〜ンと練習を続けやっぱり2時間きっちりと歌い、そして終了。
帰るときにはそれを讃えるように屋根の上から半分になった花火がほどよい充実感でした。


日時:

2009/8/22

場所: アイセル
演奏曲:

嵐、背くらべ

作者: コデちゃん

今日の練習会場はアイセル21(葵生涯学習センター)
ここは3階でもエレベーターがあるので年配者にもさほど苦にはならない。
たまに大学校舎で練習のある日は4階まで徒歩で行くしかないのでハアハア、ゼイゼイ、 教室に到達する頃には胸の鼓動が高まってしばしの休憩が必要となる。(ちょっと大袈裟かな?)
それが色々な意味で結構役に立つ・・・
この4小節は息継ぎなし、なんて言われると思い切り息を吸い込んで余力を持って歌う様にしなければならない。
つい最近の練習で録音した時、息継ぎの声(音)が目立って聞こえた!
それ以来団員はカンニングブレスが多分上手になった筈だ。

さて本日の練習曲は「嵐」
開始時間を30分早め、パート別の予習も板に付いて来た。
それでもこの曲はなかなか難しい・・・
たっぷり時間をかけて熱心に練習を重ねた結果少しづつ形になりつつある。
休憩時間の後は、本日配られた新しい曲、静岡県こころのうた「背くらべ」である。
旋律はそんなに難しくはないので、練習を積めば比較的短期間でものになりそうだ。

今日も残暑の厳しい一日であったが、来週の練習あたりからはもう少し涼しくなる事を期待したい。


日時:

2009/8/15

場所: アイセル
演奏曲:

やさしき波のうねり、嵐

作者: コデちゃん

東海地方に襲った強烈な地震の直後と、お盆の最中でもあり 出席率が気になるところでしたが、欠席者はなんと4名だけ(バリトンは全員出席)とは良い意味で大変驚きでした。!
10ヶ月後に「20周年記念演奏会」を控え皆の意気込みを感じた次第です。

練習中にも震度3程度の地震があり先生のカバンが机の上から落下しました。!
東海地震の規模はこんなものではない、と知らされているので静岡に住む住民としてはいささか不安です。

さて、気合だけで内容が伴わなければ良い演奏会にはなりません。
まだまだ課題が山積していますが、練習2回目の曲「やさしき・・・」はまだ音がしっかり取れていない。
30分のパート別練習も含め あっという間の2時間半でした。

心配の余りか、役員から一枚の文章が配られ団長から説明がありました。
内容については公開する訳には行きませんが、11項目程の注意点が示され 各自節度を付けて真面目に取り組む旨の内容でした。
これ等をしっかり認識して良い演奏会が出来る様に頑張ろう。


日時:

2009/8/8

場所: アイセル
演奏曲:

やさしき波のうねり、嵐

作者: コデちゃん

千葉県多古町で行われた「関東お父さんコーラス大会」が終って若干緊張の糸が切れたのか、今回は出席率が68%とやや低調でした。
(陰の声:とんでもない、たまたま用事が重なっただけだよ!)
何時もの様に6時30分から練習を開始し出席者は真剣にレッスンに励みました。
この日の練習曲は「やさしき波のうねり」「嵐」の2曲です。
前曲はいままでに何回か練習して来たので音取りはほぼ仕上がって来た感じですが2曲目は、今回初めての練習だったのでいささか戸惑いもあり、一通り最後までならした程度、これから自宅での予習復習が肝心です。

先日のお父さん大会の写真が広報担当から送られて来たので(ホームページにも一部記載)
想い出を新たにしているところです。


日時:

2009/8/1

場所: 多古町コミュニティープラザ文化ホール
演奏曲:

還らざる日々

作者: シッペ

1年に1度の男声合唱団の集い「お父さん大会」
朝6:30に静岡を出発。いつもなら渋滞の中時間通りに会場入りできるのか?をやきもきする幹事の川上さんも今回は終始ニコニコ顔のバス旅行。
ちなみにバスの中で団長から「このおとうさん大会は旅行と言っても慰安旅行ではなく研修旅行であることをお忘れなく!」と釘を刺されていたのでした(笑

会場に予定時間より30分近く早く到着。
昼食をとったあと、リハーサル室でリハーサル。しかし、でも、また?約束していた曲想はすべて飛んで行ってました(滝汗;;;)
リハーサル室を出て自発的に練習が始まったのは言うまでもありません。
ネックは なんと『歌詞』。
覚えたはずが、どこかへ飛んでしまいました。セカンドが主旋なのに曲の出だしでモゴモゴ・・・。まずい!と思ったセカンドmenは必死です。
・・・汗をかくこと30分。
なんとか形になりました。
さぁ、本番です。
今回は応援の女性たちが2階席になっていたので1階席は参加者のみで座りやすくGoodでした。大会運営者に感謝です。


出番は第1部の最後です。

登場する時のナレーションに拍手をもらい、掴みはOK!
歌い始めたらすごく響きがいいホールです。
気持ちを込めて歌いました。歌詞が危ないところは所々周りに助けられながら・・・
歌い終わると万来の拍手。ここ数年の間に仲良くなったアンサンブルレオーネさんからもお褒めの言葉をいただき嬉しかったです。
全ての団と言うわけには行きませんでしたが、ビデオ撮影したので順次ユーチューブにアップしていきます。
そして第2部は曇天の中 屋外で始まりました。
太陽がふりそそぐよりもこんな時は曇天が過ごしやすく、近くの川から流れてくる風が気持ちよく。その中で各団体が歌い そして交流が深まっていきます。

 


埼玉県 コールベアーの澤田先生のパフォーマンスに酔い。逍遥男声会の芹沢先生の丁寧な指揮に感激する。そんな会でした。

 

あれ?いつもより熱く書いてしまっているので、このあとの3次会はカットです(笑
グズグズな飲み会でした(爆)。

来年はどんな曲を披露できるのか楽しみです!


 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor