*
*
会則
歩み
メンバー
1T,2T,Br,Bs
*
*
*
*
練習日
練習後記
年間スケジュール
イベント
*
*
*
*
団員募集
団内用語
リンク
*
*
メンバーの練習後記
週末の練習を終えたメンバーのホッと一息。。。
過去の日記:2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月
日時: 2005/4/30 場所: アイセル小音楽室
演奏曲: 空とぶうさぎ ほか 作者: キミちゃん

出席者27名ほぼ定刻に集合。
久しぶりにアイセル小音楽室でのレッスン。
望月団内指揮者による多田武彦の
組曲柳河風俗詩から「柳河」の練習でした。
パート変更等により馴染みの無い団員も
多い様でしたが、何とか最終フレーズまで
音取り終了。(なんとかいけそうか?)
あとは「空とぶ・・」をサラッとなぜる。
先回の練習日での修正合意により
この二曲が市連、県連のステージ曲になります。
又、新しい静岡市の市歌として
「わたしの街 静岡」が市連会場で歌われます。
この楽譜も7日の練習日に配布します、これも要練習。
さていよいよ
75年の歴史を持つさみどり合唱団演奏会が直前に
迫りました。「父にいる庭」も
恥ずかしくないレベルにもって行きましょう!


日時: 2005/4/23 場所: 東海短大
演奏曲: 父のいる庭 ほか 作者: sippe

朗読も合わせた「父のいる庭 」の練習。
やっぱり雰囲気が上がります。>朗読

なんとか形になってきたような気がする・・・。

その後、今後の課題曲について話をすると、ここ1年以上新曲を歌ってこなかった事が発覚!
こりゃイカン!!・・・という事で「柳川」を課題曲にラインナップする事になりました。パート変えなどで音取りが出来ていなかったり、知らないと言う方も若干いますがメジャーな曲なのであまり時間もかからないでしょう。

さて、各自音取りをして行きたいと思いまぁ〜す。


日時: 2005/4/16 場所: 東海短大
演奏曲: 空とぶうさぎ ほか 作者: sippe

「空飛ぶうさぎ」初のピアノ合わせ。
ピアノが入ると(ピアノ曲らしく)曲になります(笑)。
今日からはほとんどの方が楽譜をはずし始めて、みんなの気合を感じます。
いつも以上に先生の指揮についていく気迫を感じましたが・・・どうだったでしょう?
気合が入りすぎて音が少しずれるのも、今日は愛嬌で勘弁してもらおう(汗)

最後の15分だけ「父のいる庭」を歌いましたけど、「空飛ぶうさぎ」をうたいすぎたせいか、気持ちの切り替えがつかずボロボロ。
本番では曲の間に時間が入るので大丈夫だと思うけど、気持ちの入れ替えはきちっとして行きたいね。

そうそう、今日は実行委員会からの報告も入り、いよいよ本番に向けての心構えが欲しくなってきました。10月まではほぼ毎月ステージがあるものと考えてしばらくはコーラスずっぽりの日々を重ねましょう!

PS:
隊長と隊員が反省会をしていたのを小耳に挟みました。
我団の外人部隊は、昨日夕方から出動し深夜3時に帰還した模様。
壮絶な戦いを歓楽街で広げたようである。(爆)


日時: 2005/4/9 場所: 東海短大
演奏曲: 空とぶうさぎ ほか 作者: キミちゃん

今日は、下村先生による「うさぎ」と「父」でした。
とくに声出しの為、「うさぎ」を先行練習したのですが・・・
「出の遅れ」と「音程の探り」でちょっと人前では???
先生の表情を付けようとするのにもいまだしの感。
次にナレーターの三好保江さんに協力頂いて初の本番並みの「父」を練習。 これまた先生も我慢しきれない程の音程の低下が目立つ。
桜満開の今宵ではありますが、「春未だ遠しか」・・・
でも集中すれば少しづつ前進の兆しも見えて来たかな?
がんばりましょう!


日時: 2005/4/2 場所: アイセル他
演奏曲: さくら? 作者: シッペ

今日は1年に1度の総会&お花見。
総会では例年のごとく出席率が発表され喜ぶやら驚くやら・・・改めて集計をする川上さんのマメさに驚かされます。総会を終え花見会場に行く前に静岡第一TVからの要請で♪さくらを歌う事になり練習&収録。
告白します。「さくら」の歌詞を今日まで知りませんでした(笑) 。
いい歌ですねぇ〜。お公家様か武家の出になった気がしました(爆)。
うまくハモる事もでき4/4の夕方4時からの「まるごとワイド」で放映予定。もし映らなければ4/5にやるそうです。お楽しみに!
さて、その後のお花見は酒の肴も豊富に飲みきれないビール&酒が並び、思ったほど寒くなく、風もなかったのでとってもいいお花見になりました。
桜が2分咲きなんて気にしない!


 
mail:info@mannerchor.jp  
copyright shizuoka-manner chor